呑み食い処「うおひで」| 東京都北区昭和町 | uohide

ある研究で明らかになった大酒飲みの性格とは⁈

ある研究で明らかになった大酒飲みの性格とは⁈

2015年に発表された研究で、どんな性格が大酒飲みになるのかが明らかになりました。7万人以上の成人を対象とした研究から、「外向性」と「協調性」が飲酒量と関係していたようです。その結果とは?

研究概要

アメリカ・イギリス・ドイツ・オーストラリアでの8つのコホート研究における72,949人の成人を対象としたメタ分析です。これは、2015年現在の「性格と飲酒」の関係における研究の最大規模のものと言っても過言ではないとされています。

当研究に携わった研究者は、下記の条件に見合う過去の研究を探しました。1.オープンにアクセスできる
2.研究参加者のアルコール消費についての詳細な情報がある
3.N数(研究対象の母数)が1,000以上であること
4.”the Five-Factor Model of personality”(ビック・ファイブ理論の5要素)に基づいた15以上の質問により参加者の性格を規定している

上記の条件に合う研究を探したところ、8つのコホート研究が この条件を満たし、これらの研究をもとに分析が行われました。

「the Five-Factor Model of personality」について、少しご説明してきましょう。

コメントする

*
*
* (公開されません)